2007年07月27日

あさきゆめみし@宙組版

先日、CSの放送で、梅田芸術劇場の花組公演千秋楽を見て思った。
たもさんたちの舞台とは、全くベツモノなんですね。きっと。
あさきゆめみし『U』って、そういう意味なんですねぇ。

まず、刻の霊のまとぶんの衣装。。。以前と違うよね?
おさちゃんが演じていた刻の霊というのは、なんかこう、もうちょっと神秘的だったような。
そんなに『なんじゃこりゃ?』の存在でもなかったし。

頭の中将が須磨に流された光るの君に逢いにきたシーンはあったのか?
紫の上と明石の上の二人のやり取りはあったのか?
(上記2シーンは、たもさんのときにあったと思うけど、実際のところ、すっかり忘却の彼方なので、正確ではないかもしれません)
というか、そもそも、どのシーンから始まったのだろうか。
あさきゆめみし『U』。
映像どころか、劇団の解説ページも見ずに、感想を書くなんて演じている生徒さんたちに失礼千万この上ないので、CSで放送するまで待つことにしよう。

とはいえ。。。
おささんの『ふ〜じ〜つ〜ぼ〜の〜み〜やぁ〜〜〜』という雄叫びは、どうしたもんか。
(でも、ま、ずんホセの『カ〜ル〜メ〜ン〜〜〜』と同じと言えば同じであるが。)
(CSの放送でしか見ていないから、唐突に感じるのかもしれないし。)
そーいえば、たもさん@あさきゆめみしの時も、BSか何かで実写版として放送したよね?
あれも、かなり???なもんだったかも。。。
舞台化粧じゃない、男装と十二単とラブシーンと。。。
想像を絶するモノがあったと記憶しております。ハイ。

某所にて、朧月夜がどうのこうのと、言われておりましたが、
この朧月夜。
結構、魅力的な人なんですよね。
私は、朧月夜と朱雀帝と、光源氏の物語を、是非、ずんはな&たかで上演してほしい。

その場合の、キャスト。
これが大いに悩むところである。
本来であれば、光源氏はずんずん。
朧月夜にふさふさ。
朱雀帝は、たかちゃんなんだけど。
そーなると、まんまエリザベート。
最後、光源氏と結ばれないから結末は違うけど。

あぁ、でも。
もともと雪組にいた朱雀帝&朧月夜に横恋慕しちゃった、光源氏。
光源氏の熱意にほだされ、仲睦まじい時を過ごすものの、
やっぱり私の居場所は朱雀帝と、最後は、夫と添い遂げる。
それだと、やはり、↑の配役がベストでしょ。
それじゃ、つまんない?
でもねぇ。
ずんずんとたかちゃんの役どころを代えてしまうと、ずんずんファンの私としてはちょっと嫉妬しちゃうわけですよ。
そんなこんなで、やっぱりずんずん=光源氏、たかちゃん=朱雀帝がしっくりくるかな。

朧月夜と光源氏は、須磨から戻ってきてからも密会しているんですねぇ。
光源氏の『思い出してね〜』のお手紙に対して、『大勢いる中の一人としてなら』なんて超強気のお返事なんかしちゃったりして。

六条の御息所の生き霊&亡霊の呪いの力も届かなそうだし、
なんてったって生命力強そうな朧月夜。
線が細いようでいて、長年娘役トップとして君臨したふさふさとリンクしちゃうこの設定。
いいんじゃないですか?
その他の配役を、どうしようか。。。

ん〜と。。。
とりあえず、濃厚な三人芝居希望です。

 どーしても、宙組で芝居するのなら。
  光源氏・・・・・・ずんずん
  朧月夜・・・・・・ふさふさ
  朱雀帝・・・・・・たかちゃん
  頭の中将・・・・・わたるくん?(誰に聞いてんだか)
  紫の上(幼年期)・ ありすちゃん
  弘徽殿女御・・・・たきちゃん
  六条の御息所・・・ぽっぽさん


『紫の上@ありすちゃんを自分好みにするのかぁ、ずんずん』と妄想したところで、嫉妬心が芽生えた私はかなりの末期症状です(笑)
しっかし、妄想って、なんて楽しいんだ!!!

追伸:ずんずんとたかちゃんは、役代わりすることに決めました(爆)






posted by ayu at 16:32| Comment(8) | 妄想公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。