2007年08月04日

雪組エリザベート


最初で最後の雪組エリザベートを観劇してきました。
水トートは、どこまでも妖しいトート様で
となみシシィは、美しいエリザベートで、
エリザベートという演目の持つ力を、凄く感じました。
やっぱり、生の舞台はいいですねぇ。

最近、週に1〜2回は、宙組版エリザベートを鑑賞している我が家。
そこまで観ていれば、もう、ずんずん、ふさふさの歌い方を完璧に覚えていて。
で、色々なナンバーがかかるたびに、一緒にメロディーをなぞっているわけですが(もちろん、心の中で、ですよ。)
そこで、ちょっと違うメロディーラインだったり、カウントの取り方だったりすると
『あれっ』としてしまったりして。
この『あれっ』が、意外に多くて、なんだか落ちつかなかった(笑)
同じ演目であっても、出演者が違うと、ベツモノなのよ、と分かっているのにね。。。

今回、トート→エリザベート←フランツの華麗なるトライアングルがあっさりめだと感じましたねぇ。

私が宙組版を見て、強く感じたのは、
トートのフランツに対する嫉妬心だった。
エリザベートは、俺のものなのに。。。と思っているのに、
エリザベートはフランツに対しても、ルドルフに対しても、
愛情を持っている、そのことをトートも感じているから、それが歯痒くて、歯痒くて。
とどめに、フランツに『あなたは怖れているんだ』と言われ、嫉妬心、怒り、
それらに突き動かされて、ルキーニにナイフを渡しちゃったんだと思っている。

(フランツに対する愛情も、ルドルフに対する愛情も、王宮の中に生きてきたエリザベートのそれは、私たちが一般に持つそういう感情とは違うのだと思う。)

そんな華麗なるトライアングルがちょっと薄かったかな。。。

それに関連して(!?)
昇天の場面、意外にあっさりしているなと、ちょっとガッカリ(笑)
妖しく、エロい水トートが、どんなに濃い〜昇天シーンを見せてくれるのかと
過剰な期待を持ってしまったばっかりに。。。(爆)
(私は、何を望んでいるんでしょうねぇ。)

トート→エリザベート←フランツの三角関係を中心に観ている私は
たぶん、とっても邪道なんでしょうね。
でも、いろんな観方、感じ方があっていいのかな。
『エリザベート』本当に奥の深いお芝居ですね。





posted by ayu at 09:25| Comment(4) | タカラヅカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。