2007年08月31日

カルメンとマノン。

花カルメン(1999年激情)とかなみんマノン(2001年マノン)。

実は、ワタクシ、ふさふさ演じるカルメンは大好きなんだけれども、
かなみん演じるマノンがどうしても好きになれなかったんです。

どちらも、男役至上主義の劇団において、珍しく男役を翻弄し破滅させていく役で、娘役ファンからすると、結構スカッとする役どころ。
なにに、花カルメンはOKで、かなみんマノンは駄目っていうのは、どういうことなんだろうと、ずっと不思議だった。

カルメンという一般的なイメージからすると、花カルメンの場合は
線の細さと、品の良さが気になってしまいますが、宝塚の娘役が演じるカルメンはあれぐらいでいいんじゃないかな。

かなみんマノンは、もう少し、こう。。。なんていうか、あの当時は押し出しも強かったし、何よりも独特の艶かしさが見え隠れして、それが鼻について、私は受け付けなかった。友人は、愛らしいマノンじゃない!と言っていたので、やっぱりこれも個人の見方なんだろうと思いますが。

夏休み中に、ふっと見た宝塚クロニクル(2001)。
その中のマノンを見て、今まで漠然としていたものが、はっきりとわかりました。
何が嫌だったのか。

その原因は、マノンの指に塗られた真っ赤なマニキュア。
あのマニキュアの塗られた指の動きが、妙に艶かしくて、
私はどうしても駄目だったんだと、確信。

そう思ってから、花カルメンを見ると、マニキュアをしていない。
していたとしても、目立たないような同色のマニキュア。
だから、ずんちゃんの髪をかきあげる時の指の動きも、自然に、綺麗に見えて
ゾクゾクッとさせられた。

マニキュア一つで、印象が変わっちゃうなんて、本当に
娘役さんって、大変な稼業なんだなぁ。





posted by ayu at 16:43| Comment(2) | ふさ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★WEB拍手レス(8/25,27)

ちょっと遅めの夏休みが終了しました。
夏休み中に、ブログの更新をしたいなぁと思っていたのですが、旦那&娘1、娘2がいるのでは、パソコンもなかなか開くことが出来ず。。。
にもかかわらず、WEB拍手&コメントをいただいていて。ありがとうございます。これからもブログ更新、がんばります!!!

★8/25 11:02 頃の方

同意していただいて、嬉しいです♪本当に、幸せだったけど。。。なんですよね。
それでも、私は、宙組が出来てからのファンなので、ずんはなのコンビが観られただけでも嬉しいのですが、昔から応援していらっしゃる方は、それこそ胸中複雑なのではないでしょうか。
ただ、今の劇団を観ていると、ミキちゃん&マリコさんトップ時代、四天王トップ時代に下級生でトップになっていたずんちゃん、たかちゃんは幸せだったのかもしれない、と思っています。そんなずんちゃん、たかちゃんを応援し続けてきたファンもまた、思うことは多々あれど、幸せだったんだなぁと。。。


★8/25 19:11 頃の方

本当に(泣)
しかも、ボーっと夏休みを過ごしている間、心のよりどころだった、クリスティーヌ役も別の人の発表がありましたし(号泣)
ああいうふうに、中途半端に舞台に立たれちゃうと、ファンがいつまでも『もしかしたら。。。』って思い続けちゃうじゃないですか(笑)今度は、エリザのガラコンをぜひ!!!とか(爆)あの、恵まれた資質をどうにか舞台に発揮していほしいと願うのは、私たちファンだけではないと思うのですが。次に(次があるのかは?ですが)期待しましょう!!!(笑)

★8/27 21:50頃の方

ようこそ、いらっしゃいました♪
私も、大好きなんですよ〜。花總さん。誰がなんと言おうと、大好きなんです(笑)舞台上での美しさは勿論のこと、入出の時や、お茶会の時のあの雰囲気もサイコーなんです。こんな私ですから、先日のたかコンでも、花ちゃんを“ガン見”しちゃいました。これからも色々と花ちゃん語りしていきたいと思いますので、また遊びにいらしてくださいね。
posted by ayu at 13:47| Comment(0) | WEB拍手レス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。