2008年03月26日

ど・ん・だ・けぇ〜〜〜♪

どんだけ、ふさふさの大ファンだったんだ、ずんずん。

先日放送された『エリザベート/スターの小部屋』を観た感想です♪

細かなレビューは、また後日記事にしようと思っていますが、とにかく感想を書きたいと思ったもので。。。(笑)
いや〜、あそこまで自分の相手役さんに『大ファンで』とか、『憧れてます』とか言われちゃったら、娘役冥利につきますよ。
ずんずんが、『大ファンだ』と言っているその横で、照れ笑いしているふさふさが本当にかわいくて。

たかちゃんとの時は、ふさふさ自身がファンになってしまっていましたからね〜。

ま、どちらのふさふさも、可愛くてしょうがありませんがね(爆)

実は、ここだけの話(笑)トークの内容自体も、たかちゃん以前のトークの方が好きなんですよね。
たかちゃんとのコンビ時代は、タカラヅカスカイステージも開局し、ナウオンなどでトークする機会が飛躍的に多くなったような気がしますが、なんというか。。。
ぶっちゃけ、中身がないトークでしたし(爆)
ナウオンでは、もっぱら失敗談とか、そんな話ばかりでしたが、役に対する思いとか、そんなのも聞いてみたかったなぁと、今になっては思います。
(もしかしたら、トークしてるかもしれませんね。。。結構流しつつ観ていたので。)


たかちゃんもトークはそんなに得意じゃないですよね?
(皆さんに同意を求めています・笑)
だから、たかはな時代のトークは、結構ツラいモノがありましたね、私は。。。
(まぁ、ずんずんも得意というほどでもなかったけれど)

一路さん、ゆきちゃん、いしちゃん、ずんずんとのトークは、フニャフニャしてないし(爆)
ある程度の緊張感を持っているので、こんなふさふさは、大好きですね〜♪

スターの小部屋の詳細は、また後日なんですが、最後に一言。
今回、二度目のエリザベートを演じて初めてエリザベートさんの人生が見えたそうなんです。
(正しくは、『今日』という単語を使っていたのですが)
死を愛するということがどういうことか、理解できたんです、とふさふさ。
誤解されるような言葉ではありますが、私は、本当にふさふさは舞台人なんだな〜と思いました。
一路さんとの時は、とにかく追い込まれた状態だったと思うんです。
だから、役にはなりきれても、深く理解するということろまでは到達しなかったのかもしれない。

でも、ずんずんとコンビを組んで、ふさふさもトップ娘役として色々経験してきて、二度目のエリザベートを演じたときに、初演の時に見えなかったものが見えたんだな〜と。
それで、あの昇天シーンにつながるのかと。

そう思うと、何年か後のずんずんのトートも観たかった、と心底思いました。

『エリザベート』。
奥が深いですね〜。


エリザ1.JPG




















posted by ayu at 15:16| Comment(5) | ずんはな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

★WEB拍手レス(3/17)



皆さんにいただくWEB拍手、とても励みになっています。
ありがとうございます♪

★3/17 18:29の方

花ちゃん至上主義のお仲間が増えて、嬉しいです♪
私の周りの和央ファンは、花ちゃんも嫌いじゃないんだけど、他の若い娘役と組んだたかちゃんも見てみたい!という不満があったみたいで(笑)
でも、結局、たかちゃんに一番合う娘役と言えば、花ちゃんなんだけどね。。。と、ため息混じりに呟いていました。

>彼女見たさに

同意でございます。
実は、ワタクシ、自慢ではありませんが、嵐が丘や、Crossroad〜すれ違うばかりじゃやりきれない〜は、見ておりませんで。。。(爆)
最近、ブログを通して、こんなに花ちゃんが好きだったんだ〜♪と再認識しております。
私にとっては、最高の娘役さんです。

また、遊びにいらしてください。
そして、花ちゃん話を、沢山沢山させてください!




★3/17 22:39、22:40の方

お仲間ですね! 嬉しい限りです。
まわりに結構いらっしゃるとは、羨ましい。
ヅカ生活が楽しくなりますよね。
宝塚に嵌ってから、勿論舞台を観たりするのも楽しいことですが、宝塚がらみで出来た友人とのひとときも楽しいものでした。
たかちゃん仲間は沢山いるのですが、ずんちゃん仲間、花ちゃん仲間はほとんどいなかったので、寂しかったんですよ!
これからも、同じ仲間として(笑)どうぞよろしくお願いいたします。

そして!

私もです。いまだに心のど真ん中に二人が鎮座しています。
だから、こんなブログを書いているのですが。
あの二人がコンビを組むというミラクルは、永遠に語り継いでいきたいと思います。(かなり大袈裟ですが)

>永遠のマイベストコンビ

このフレーズ、ブログに使わせていただいてよろしいでしょうか。。。すばらしいフレーズです!
この二人を超えるコンビは、おそらく出てこないのではないでしょうか。。。

これからも、永遠のマイベストコンビについて語っていきたいと思います。

また、遊びにいらしてください。





posted by ayu at 17:47| Comment(0) | WEB拍手レス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

至福の一枚。

今日は、待ちに待った『スターの小部屋』です♪
とても、とても楽しみではありますが、この回が終わると、もうスターの小部屋でずんずん&ふさふさの並びは見られなくなるんですよね〜(泣)
寂しいかぎりです。

エクスカリバーの時のスターの小部屋は、ずんはなのインタビュー、やけに短いなぁと感じましたが、それもそのはず。
初舞台生の皆さんのインタビューが入ったんですよね。
今回のエリザは、たっぷりいろいろと聞かせてもらえるのでしょうか。。。とっても楽しみです。

さて。
実は、先日、某オクにてずっと探しに探していた品物を手に入れました。
それはですね。。。
コチラ
 ↓


エリザ1.JPG



これは、エリザベートの楽譜だそうです。
手に入れておいて、『だそうです。。。』というのも何ですが(笑)
まだ、中を見ていないのでね。

私は、友人に話しを聞いていて、知っていましたが、実際に目にしたことはなかったので、どうしても実物が欲しいなと熱望していました。
先日、偶然オクを検索していて、ヒット!
そんなに高値でもなく、手に入れることが出来ました。

何が私をここまで熱くするのか!そ・れ・は。。。このツーショット。
エリザベートのツーショットは、数あれど、この構図は初めてではありませんか?
なんていったって、この二人の手。






他組のエリザもこんな構図で撮影しているのかどうかはわかりませんが、とにかく、ずんはなメイトにはたまりませんよ。
ずんずんのインタビューで、昇天のシーンは、二人でお稽古場で考えたそうなので、この構図も、二人で考えたのかな。。。とか、色々と妄想の膨らむ一枚ですね。
このお写真を見たときの衝撃と、幸福感(爆)をずんはなメイトの皆様にお裾分けできたらいいなと思います(笑)











posted by ayu at 16:07| Comment(0) | ずんはな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

★WEB拍手レス(3/12)



皆さんにいただくWEB拍手、とても励みになっています。
ありがとうございます♪

★3/12 19:19の方

楽しんでいただけてますでしょうか?
あまりにも自己満足のブログなので、ちょっと心配なのですが(苦笑)

>ハナフサさん至上主義

おっ、お仲間ですね♪
私の友人たちは、ほとんどが和央さんファンで、なかなかハナフサ至上主義の方にお会い出来なくて。
いつも繰り返すことではありますが、是非是非舞台に復帰して欲しいんですよね〜。
まぁ、当人にその気がないらしいのではありますが、あの才能ある人をマネにしているたかこさんまで憎くなってきたりして(爆)
でも、現実問題、リアルな男性とお芝居をする姿も想像がつかないので、なんとも言えませんがね。。。
それでも、また、舞台に立ってくれることを願っています。

また、遊びにいらしてください。




posted by ayu at 14:48| Comment(0) | WEB拍手レス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

侮るなかれ、スターの小部屋。

あれは、先々週のことでした。
さんざん備忘録を作成しているくせに、ふさふさが出ないからいいや、と油断して臨んだスターの小部屋
ずんずんと希佳さんのトークの中に出てくるお稽古場風景が!!! お稽古場風景が!!!!!
今までは、ずんずん・ふさふさ・たか・わた中心だったのですが、ちょっと目先の変わったお稽古場風景でして。
これは、録画しなければいけないトークでしたよ、皆さん。
私は録画できなかったので、再放送に命賭けます!頑張りましょう!

で、17日午後8時55分からのスターの小部屋。
特にWOWOWには何の記載もなくて。
でも、考えてみたら、私、以前記事の中で触れているんですよね〜(コチラ

にもかかわらず、録画の準備をし忘れていて。
ぼ〜っと観ていたら、いきなりの“Special Information”。
轟さんの一人芝居と、宙組のエリザベート制作発表が!
轟さんのお芝居はともかく、エリザベートは著作権の関連で、放送すらないかなと思っていたのですが、さすがに記者会見風景はなかったですが、たぶん、会見後の懇親会?みたいなものを放送してくれましてん。
グッジョブですよ!WOWOWさん。
でも、今回は、きっちり必要なところだけ、録画することが出来ました。
ずんはなファンには、ウハウハな内容でございました。


まず、のっけから、ずんずんとふさふさの談笑シーンが!
髪に手をあてながら、誰か(たぶん。。。たきちゃんのような気がする)と笑いながら話すふさふさ。
それを、にこにこしながら、ふさふさの顔を覗き込むように見守っているずんずん。
この二人、身長のバランスというか、体格のバランスもぴったりで、本当に、ずんずんがふさふさの顔を覗き込むような仕草をすることが多くて。その仕草がまた、いい雰囲気で。
ずんずんが小首を傾げながらふさふさの顔を覗き込み、その時ふさふさが上目遣いにずんずんを見詰めるシーンは、舞台を離れたところでのツーショットの中で大好きなシーンです。
しょっぱなから、ニヤニヤしっぱなしでした!


姿月 : 沢山の方に観ていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
花總 : 姿月さんと同様、一生懸命初日に向けてお稽古をして、
     また再びあのカッコで皆さまの前に出られますよう
  (ここで、後方に控えしずんずん大爆笑)
     頑張りますのでよろしくお願いします。


・ずんずんの挨拶はカットになってるような気がします。

・ずんずんの挨拶が終わったあと、ふさふさもお辞儀をしていたので、
 ふさふさは自分はしなくてもいいと思っていたのかなぁ?
 そこで二人で顔を見合せて笑いあいながら、ずんずんがふさふさを促しふさふさの挨拶が始まりました。


・ふさふさってば、『あのカッコ』って……(爆)

・で、ステージからはける時が、また。。。ずんずんとふさふさが寄り添って、二人でお辞儀しちゃってさ。
 もう、ずんはな好きにはたまらんです♪


・和央さんご挨拶
 3度目のエリザベートです(たぶん、そんなニュアンス)しっかりとしたご挨拶でした。
 たぶん、トップ時代よりもしっかりご挨拶しているかも。ちょっとお顔がまんまるか?

・湖月さんご挨拶
 こちらもしっかりとご挨拶していました。

続いて、コムちゃん。

・と、コムちゃんがマイクに向かうと、おもむろにスタッフがマイクを“ズドン”と下げました。
 それを見て、たか、わた、こむ三人爆笑!
 いやぁ、何もそこまで下げなくてもねぇ。。。
 わたるくんの隣に佇んでいるこむちゃんの華奢なこと。
 言い尽くされていることではありますが、湖月×朝海のコンビも見たかったな。

・朝海さんご挨拶
 『同期の花總と親子役ができる貴重な体験をさせていただきます』
 なんか、ちょっと感動しました。(花總ファンで、わかる人はわかる気持ちかな〜)

このあと、囲みインタビュー?が始まりました。



湖月 : (開口一番)今日のこの靴、大失敗ですよね〜♪
     (マイク下げ事件のあと、司会のお姉さんに背が高いお二人と強調されたことを
      受けての発言と思われます)
     お稽古場で、苦しんでいるところを見ていたので、私も頑張りたいと思います
     (かなりあやふやです)

和央 : 高嶺さんを見ていて、大変そうだなと思っていましたが、まさか自分が
     演じることになるとは思わなかった。
     早替りが間に合うか、心配。

朝海 : 記者会見で、花總と姿月さんが歌っているのを聞いて『わぁ〜っ!』と
     一ファンになってしまったので。。。
     (組長のまゆさんに、あなたもヤルのよ、と突っ込まれる)
     今日から、心を入れ替えて、頑張ります!


真打ち登場です!


姿月 : 大好きな作品だったので、個人的にも、エリザベートをさせていただく前からビデオをよく見ていたんですけれども、わざとではなく、お手本がいらっしゃるんですけれども、また違ったエリザベートを作っていきたいなと思っていますし、素晴らしいお手本というと、花總まりさんという素晴らしいエリザベートさんと一緒に出来るのが。。。
(花總  「やめてくださいよぉ〜 テレテレ」)
姿月 : 私、大ファンだったんですよ〜〜〜
(と、言いながら、ふさふさとじゃれ合うずんずん)
     ですから、それを見られるのがうれしいっていうのが凄く大きいですね〜。
     花總さんのエリザベートに毎日会えるというのを、心から楽しんで。。。
     笑えませんけど、死神の役は。


・真面目な話、本当にずんずんは、花總エリザベートが大好きだったんだなぁと。
 娘役トップに『大ファンだった』って正面切って言えるなんて。
 嬉しかったんだろうな。。。ずんずん。

・『花總さんのエリザベートに毎日会える』なんて、ずんずんの口から聞けるなんて。
 私がふさふさだったら、もう、その場で爆死しちゃいます(笑)


花總 : 初演のエリザベートの印象が残っている方もいらっしゃると思うんです。
     そういうのって、理想化されていくじゃないですか。。。
     でも、また一から頑張っていこうと思っています。

(3代目トートとなりますが)
 (姿月・花總、二人顔を見合せながら)
姿月 : どういう風にと決めないで、自分から何が出てくるかっていうのが楽しみなので。
 (花總、大きく頷き、ずんずんと顔を見合わせる)
     この作品の一員になれるというのが、とっても嬉しいことなので。。。


・やけに、中途半端なところで終わっているインタビューでした。
 最後まで聞きたかったなぁ。

・確かに、3代目のトートっていうのもプレッシャーだけど、初演の印象が残っているふさふさのプレッシャーも相当だったのではないでしょうか。

・舞台でも、オフでも、並んだときの絵面の良さと言ったら、右に出るものはいませんね〜。

・娘1がポツリと漏らした。『なんか、みんな顔が薄い似てる』(爆)

この会見が放映されているバックで、ずんずんの『愛と死の輪舞』、ふさふさの『わたしだけに』、たかちゃんの『夜のボート』がずっと流れていました。
舞台での感情のこもったそれぞれの曲は勿論ですが、このバックに流れていた3曲が、何とも言えず心地よく耳に残りました。
ずんずんの語りかけるような歌い方での『愛と死の輪舞』は、また違った味わいがあり、とても素敵でした。
これは、主題歌集のCDの中に入っているのかな?
是非、じっくり聞いてみたいと思いました。

懇親会の模様でこうなので、次回のエリザベートの対談は本当に楽しみです。
著作権の都合で、お稽古場風景はないだろうけれど。
見逃せませんよ〜!皆さん!


posted by ayu at 15:09| Comment(0) | スターの小部屋レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

職場の窓からの風景





歩いていける、東宝宝塚劇場。
ちょっと写メで撮ってみました。














posted by ayu at 16:04| Comment(0) | タカラヅカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

コンビDEラブレター

私がいつもお邪魔させていただいている迷子さまのブログ『ザ・ラストディ』より
思いっきりパクらせていただきました。
(記事はコチラ

現役のジェンヌさんからいただけるラブレターもありますが
当然、私はOG派。

迷子さまの記事にて、
『花ちゃんでやってみたところ、2回ともずんこさんから切ないラブレターが届いた』
との記述を発見し、私も試してみるも、どうやってもヒットしない。
迷子さまに泣きついて、どんな呼び名を入力したか教えていただきました。

その結果がコチラ。
  ↓
※ハナさんの結果


ハナちゃん

ハナちゃんに初めて会ったのは宝塚大劇場だったね。
あの時は一目ぼれでした。
ハナちゃんのその笑顔に本気でほれちゃったんだ。
今までで3回告白したんだよね。。。
でも、その度に振られちゃってさ・・・。タイミングが悪いんだよなぁ俺・・・。
俺が凄く忙しくて困ってる時にかけてくれる優しい一言、体調が悪くて苦しい時に心配してくれる心・・・。
あきらめようと思ってもハナちゃんのこと本気で好きになっちゃうんだ。
稔幸や朝海ひかるが、ハナちゃんの事を好きだって聞いちゃって、取られなくないって思って4度目の告白。。。
さすがにしつこいって思ってるよな。。。
でもいいんだ。
俺はハナちゃんの事を想い続けてるよ。
ハナちゃんにもらった、公演ポスターがいつまでも俺の宝物。
いつか俺に振り向いてくれる時がきてくれると信じてる。

姿月あさと


ずんはなファンには堪らない結果となっております。
ずんずんは、雪組のエリザベートを観てから、ふさふさに憧れていたらしいし、
『3回振られた』っていうのも、一路さん、ゆきちゃん、イシちゃんとコンビを組んだふさふさに人数もどんぴしゃだし。
なんだか、妙にそそられてしまうラブレターでした♪

ちなみに、私が出した結果は、タータンからふさふさへのラブレターで、
『姿月あさとと付き合っているのは知っているけれど、別れて俺と付き合ってくれ!』でした。
 ↓
※花總さんの結果

お遊びと知りつつも、かなりドキドキしながら届けられたラブレターを読みました。
皆さんも、試してみてはいかがでしょうか。
さぁ、クリック、クリック!!!

宝塚歌劇OGからのラブレター!! 


宝塚歌劇団スターからのラブレター


(OGからのラブレターが先に来ているところが、我がブログらしいし・笑)





追記:またまたチャレンジしてみたら、こんなんも出ました!

※フラワーちゃんさんの結果




posted by ayu at 18:09| Comment(2) | ずんはな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

☆メールフォームへのレス

☆名無しさんへ

ずんこさん関連もOKです!
何でもOKなんです!
今回は、私が過剰反応してしまいました。スミマセン。
ちなみに。。。どなたのファンですか?(この期に及んで申し訳ありません)
ずんちゃんのファンかなとも思いましたが、宙組時代の舞台は生では観劇されていないということなので。。。

ぶっちゃけ、たかはな、は好きなんだけれども、それに負けず劣らず、ずんはなも大好きで、そんな私からすると、今のたかはなの状態がヒジョーに厳しいものがあり、その辛い(爆)現状から逃れようとこのブログで現実逃避している、ということのようです。
いずれ、自分の気持ちを綴ってみたいなぁと思っているところではありますが。。。
なかなか認めたくないっていうところもあって。。。乙女心は複雑です(笑)

>それぞれ幸せな道

本当ですね〜。
たかはな退団当時、まさか、卒業してまでも一緒ということはないだろうと思っていましたが。。。
でも、たかちゃんのコンサートに満面の笑みで出演している花ちゃんも可愛くて可愛くて仕方がありませんでした。
あとは、花ちゃんが舞台に立ってくれることを祈っているのですが、どうでしょうか。。。


また、遊びにいらしてください。お待ちしています。
posted by ayu at 17:59| Comment(0) | メールフォームへのレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆メールフォームへのレス

☆たんぽぽさま
メールを有難うございました。
たんぽぽ様からのメールがなければ、自分の拙い文章に気付かずにいました。
本当に、ありがとうございます。
前出の記事中の該当する部分は、訂正しました。
冷静に、冷静に。。。と、頂いたメールに対してお返事を書いたつもりでしたが、ちょっと熱くなっていたのかもしれません。
不愉快な思いをされたのではないでしょうか。申し訳ありませんでした。
(もしかしたら、見当違いのお返事かもしれませんが。。。)

>舞台を観たこともないのに不思議ですよね。

思えば、このブログにコメントをくださる方で、ずんはなの生の舞台をご覧になっていらっしゃらない方も沢山いらっしゃるんです。
そんな、ずんはなのコンビを大好きになって、今もこうやってブログを書いていられることをすごく幸せに感じます。

ずんはな時代の舞台は、特に、観劇している私たちを元気にしてくれる舞台が多かったように思います。
一から作り上げていくんだ!という気迫が伝わってきていました。
私は、激情のラストシーンで、初めてお芝居を見て『泣く』という経験をしました。その時に、舞台って凄い!とすごく感動したのを覚えています。
その後、たかはな時代にも、一・二度感涙はしましたが、あれ以上の感動はありませんでした。そういう意味でも、ずんはなは、私の中で最強のコンビなんです。

宙組のあの時代のメンバーが殆どいなくなってしまった今、私の舞台観劇も、せいぜい各組1回観るか、観ないかになってきていて、ヅカ熱も醒めつつあるような気がしますが、これからも、のんびりまったり観劇を続けていきたいと思っています。
そして、このブログで、ずんはな愛を語っていきたいと思います。

posted by ayu at 16:32| Comment(0) | メールフォームへのレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

☆メールフォームへのレス

☆名無しさんへ!

メール、有難うございました!
お返事のメールをいただいて、良かったです。
私も、ちょっとどうしたもんか。。。と悩んでおりましたので。

このブログ、ずんはな、特に花ちゃん好きの管理人ですので、あの手のお話しは、ビミョーにタブーなのでございます。

こちらも熱くなってしまって、申し訳ありません。

もし良ければ、月組時代のお話を教えていただけると嬉しいです♪
これにこりず、また、これからも遊びにいらしてください。
posted by ayu at 18:18| Comment(0) | メールフォームへのレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

☆メールフォームへのレス

☆名無しさんへ

メール有難うございました。

とても、レスするのが難しいメールを頂いてしまいましたが。。。
自分の気持ちを上手くお伝えすることが出来るかどうか自信がありませんが、正直な気持ちを綴ってみたいと思います。

まず、私の宝塚観劇を楽しむスタンスは『舞台を楽しむ』ということが一番なんですね。
そして、何よりも『宝塚の男役・娘役』が大好きで、その上で、姿月あさと&花總まりのコンビが大好きなんです。
この二人が魅せてくれる『舞台』が大好きでした。
私の観劇歴は、宙組発足から始まりましたので、残念ながら月組時代のずんちゃんを存じ上げません。
月組時代のずんちゃんの舞台を観ていたなら、また違った感想もあるかもしれませんが、宙組時代のずんはなが大好きなんです。

私は、たかはなも大好きでした。
でも、舞台での相性という点においては、私は、たかはなよりもずんはなだと思っています。

どういう意図で、メールをいただいたのか、ちょっと不思議に思いましたが、やはり、結論はひとつ。
ずんはなは最強のコンビだと思うのです。
そして、宙組が出来たあの時代の『ずん、たか、わた&はな』の並びが大好きなんです。

最後に。。。
たかはなの現状に関して言えば、ファンの私でも『なんだかなぁ』状態ですが、でも、やっぱり、たかちゃんのコンサートに嬉々として出演しているはなちゃんが大好きでたまりません。

ずんはなファン、たかはなファンを続けてきて、自分が舞台を楽しむためには、情報の取捨選択も必要なことだと悟りました。
それでも耳に入ってくる情報はありますが、そういう情報を聞いても、ずんはなファン、たかはなファンをやめることはありませんでした。
それが、私の正直な気持ちなんです。

気の利いたお返事が出来ず、申し訳ありません。


posted by ayu at 17:50| Comment(0) | メールフォームへのレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WOWOW備忘録D

今日は、巷では、ミーマイ祭りで盛り上がっているというのに、ここはWOWOW。
まぁ、そんなブログもあって、良いでしょうかね。

詳しい放送日程はコチラへ。


〔WOWOW3 193ch〕

3月3日(月)午後8:00(1998/7/18放送分)
  星組宝塚大劇場公演「皇帝」「ヘミングウェイ・レビュー」
    トーク:星奈優里&秋園美緒
    トーク:姿月あさと&希佳
  1998宝塚巴里祭
    トーク:伊織直加


3月3日(月)午後8:55(1998/8/1放送分)
  月組バウホール公演「永遠物語」
    トーク:榛名由梨&初風緑&風花舞
  宙組新人公演「エクスカリバー」
    トーク:夢輝のあ&久遠麻耶&南城ひかり
  真矢みきスーパーリサイタル・イン・日本武道館「Miki inBudokan」


3月10日(月)午後8:55(1998/9/5放送分)
  雪組宝塚大劇場公演「浅芽が宿」「ラヴィール」
    トーク:香寿たつき&汐風幸&安蘭けい
  星組バウホール公演「イコンの誘惑」
    トーク:麻路さき&稔幸

  ※ここには掲載されていないのですが、もしかしたら宙組エリザベートの
   制作発表があるかも。。。なんです。
   ただし、著作権等があるので、放送されるか、どうかは。。。微妙です。
   でも、見逃すといやですからね〜♪要チェックです。

3月17日(月)午後8:00(1998/9/19放送分)
  月組宝塚大劇場公演「黒い瞳」「ル・ボレロ・ルージュ」
    トーク:真琴つばさ&紫吹淳&初風緑
  花組新人公演「SPEAKEASY」
    トーク:瀬奈じゅん&水夏希&沢樹くるみ
  1998レビュー記念日
  宙組バウホール公演「バウ・ボヤージュ!」
    トーク:湖月わたる&夢輝のあ&朝比奈慶

3月24日(月)午後8:55(1998/11/28放送分)

  宙組宝塚大劇場公演 「エリザベート」
    トーク:姿月あさと&花總まり
  花組全国ツアー「春ふたたび」「サザンクロス・レビュー」
    トーク:愛華みれ&匠ひびき
  星組新人公演「皇帝」
    トーク:音羽椋&朝澄けい&真飛聖
  星組TAKARAZUKA1000days劇場千秋楽「皇帝」「ヘミングウェイ・レビュー」

4月7日(月)午後8:00(1998/12/5放送分)

  宙組宝塚大劇場公演 「エリザベート」
    トーク:和央ようか&湖月わたる&朝海ひかる
  月組バウホール公演「シンデレラ・ロック」
    トーク:大和悠河&西條三恵
  花組バウホール公演「Endless Love」
    トーク:伊織直加&大鳥れい

4月7日(月)午後8:50(1999/1/16放送分)
  花組宝塚大劇場公演 「夜明けの序曲」
    トーク:愛華みれ&大鳥れい
  雪組新人公演「浅芽が宿」
    トーク:貴城けい&檀れい&立樹遥
  宝塚大劇場公演「レビュースペシャル'98」
  星組シアター・ドラマシティ公演「聖夜物語」
    トーク:稔幸&星奈優里




【再放送】

〔192ch〕
4月11日(金)午後5:00(1998/1/17放送分)
  雪組宝塚大劇場公演「春櫻賦」「LET'S JAZZ」
    トーク:汐風幸&安蘭けい
  レビュースペシャル‘97「クリスマス・イブ・イン・タカラヅカ」
  月組シアター・ドラマシティ公演「Alas」
    トーク:真琴つばさ&紫吹淳
  アデュー・東京宝塚劇場


〔192ch〕
4月12日(土)深夜1:00(1998/2/7放送分)
  特集! 香港公演1998宝塚歌劇団香港公演
    トーク:姿月あさと&花總まり&和央ようか/湖月わたる&出雲綾&夏河ゆら
    リポーター 真織由季

 ※必見です!!!


〔192ch〕
4月25日(金)午後5:00(1998/4/4放送分)
 宙組宝塚大劇場公演「エクスカリバー」「シトラスの風」
    トーク:姿月あさと&花總まり
    トーク:84期初舞台/仙堂花歩・芽映はるか・麻樹ゆめみ・音月桂・舞城のどか
    トーク:春野寿美礼&大鳥れい
    トーク:磯野千尋&一原けい

 ※必見です!!!

〔192ch〕
4月25日(金)午後9:10(1998/4/18放送分)
 宙組宝塚大劇場公演「エクスカリバー」「シトラスの風」
    トーク:和央ようか&湖月わたる&朝海ひかる
  雪組新人公演「春櫻賦」
    トーク:貴城けい&紺野まひる&彩吹真央
    トーク:蘭香レア&舞風りら

 ※必見です!!!





今回、必見マークをつけてみましたが、ほぼ全て必見ですので。
これからは、見逃したらかなり後悔しそうなラインナップですので、お気をつけください。
と言っている自分が一番危ないんだけど。。。







posted by ayu at 17:05| Comment(2) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。