2008年03月12日

侮るなかれ、スターの小部屋。

あれは、先々週のことでした。
さんざん備忘録を作成しているくせに、ふさふさが出ないからいいや、と油断して臨んだスターの小部屋
ずんずんと希佳さんのトークの中に出てくるお稽古場風景が!!! お稽古場風景が!!!!!
今までは、ずんずん・ふさふさ・たか・わた中心だったのですが、ちょっと目先の変わったお稽古場風景でして。
これは、録画しなければいけないトークでしたよ、皆さん。
私は録画できなかったので、再放送に命賭けます!頑張りましょう!

で、17日午後8時55分からのスターの小部屋。
特にWOWOWには何の記載もなくて。
でも、考えてみたら、私、以前記事の中で触れているんですよね〜(コチラ

にもかかわらず、録画の準備をし忘れていて。
ぼ〜っと観ていたら、いきなりの“Special Information”。
轟さんの一人芝居と、宙組のエリザベート制作発表が!
轟さんのお芝居はともかく、エリザベートは著作権の関連で、放送すらないかなと思っていたのですが、さすがに記者会見風景はなかったですが、たぶん、会見後の懇親会?みたいなものを放送してくれましてん。
グッジョブですよ!WOWOWさん。
でも、今回は、きっちり必要なところだけ、録画することが出来ました。
ずんはなファンには、ウハウハな内容でございました。


まず、のっけから、ずんずんとふさふさの談笑シーンが!
髪に手をあてながら、誰か(たぶん。。。たきちゃんのような気がする)と笑いながら話すふさふさ。
それを、にこにこしながら、ふさふさの顔を覗き込むように見守っているずんずん。
この二人、身長のバランスというか、体格のバランスもぴったりで、本当に、ずんずんがふさふさの顔を覗き込むような仕草をすることが多くて。その仕草がまた、いい雰囲気で。
ずんずんが小首を傾げながらふさふさの顔を覗き込み、その時ふさふさが上目遣いにずんずんを見詰めるシーンは、舞台を離れたところでのツーショットの中で大好きなシーンです。
しょっぱなから、ニヤニヤしっぱなしでした!


姿月 : 沢山の方に観ていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
花總 : 姿月さんと同様、一生懸命初日に向けてお稽古をして、
     また再びあのカッコで皆さまの前に出られますよう
  (ここで、後方に控えしずんずん大爆笑)
     頑張りますのでよろしくお願いします。


・ずんずんの挨拶はカットになってるような気がします。

・ずんずんの挨拶が終わったあと、ふさふさもお辞儀をしていたので、
 ふさふさは自分はしなくてもいいと思っていたのかなぁ?
 そこで二人で顔を見合せて笑いあいながら、ずんずんがふさふさを促しふさふさの挨拶が始まりました。


・ふさふさってば、『あのカッコ』って……(爆)

・で、ステージからはける時が、また。。。ずんずんとふさふさが寄り添って、二人でお辞儀しちゃってさ。
 もう、ずんはな好きにはたまらんです♪


・和央さんご挨拶
 3度目のエリザベートです(たぶん、そんなニュアンス)しっかりとしたご挨拶でした。
 たぶん、トップ時代よりもしっかりご挨拶しているかも。ちょっとお顔がまんまるか?

・湖月さんご挨拶
 こちらもしっかりとご挨拶していました。

続いて、コムちゃん。

・と、コムちゃんがマイクに向かうと、おもむろにスタッフがマイクを“ズドン”と下げました。
 それを見て、たか、わた、こむ三人爆笑!
 いやぁ、何もそこまで下げなくてもねぇ。。。
 わたるくんの隣に佇んでいるこむちゃんの華奢なこと。
 言い尽くされていることではありますが、湖月×朝海のコンビも見たかったな。

・朝海さんご挨拶
 『同期の花總と親子役ができる貴重な体験をさせていただきます』
 なんか、ちょっと感動しました。(花總ファンで、わかる人はわかる気持ちかな〜)

このあと、囲みインタビュー?が始まりました。



湖月 : (開口一番)今日のこの靴、大失敗ですよね〜♪
     (マイク下げ事件のあと、司会のお姉さんに背が高いお二人と強調されたことを
      受けての発言と思われます)
     お稽古場で、苦しんでいるところを見ていたので、私も頑張りたいと思います
     (かなりあやふやです)

和央 : 高嶺さんを見ていて、大変そうだなと思っていましたが、まさか自分が
     演じることになるとは思わなかった。
     早替りが間に合うか、心配。

朝海 : 記者会見で、花總と姿月さんが歌っているのを聞いて『わぁ〜っ!』と
     一ファンになってしまったので。。。
     (組長のまゆさんに、あなたもヤルのよ、と突っ込まれる)
     今日から、心を入れ替えて、頑張ります!


真打ち登場です!


姿月 : 大好きな作品だったので、個人的にも、エリザベートをさせていただく前からビデオをよく見ていたんですけれども、わざとではなく、お手本がいらっしゃるんですけれども、また違ったエリザベートを作っていきたいなと思っていますし、素晴らしいお手本というと、花總まりさんという素晴らしいエリザベートさんと一緒に出来るのが。。。
(花總  「やめてくださいよぉ〜 テレテレ」)
姿月 : 私、大ファンだったんですよ〜〜〜
(と、言いながら、ふさふさとじゃれ合うずんずん)
     ですから、それを見られるのがうれしいっていうのが凄く大きいですね〜。
     花總さんのエリザベートに毎日会えるというのを、心から楽しんで。。。
     笑えませんけど、死神の役は。


・真面目な話、本当にずんずんは、花總エリザベートが大好きだったんだなぁと。
 娘役トップに『大ファンだった』って正面切って言えるなんて。
 嬉しかったんだろうな。。。ずんずん。

・『花總さんのエリザベートに毎日会える』なんて、ずんずんの口から聞けるなんて。
 私がふさふさだったら、もう、その場で爆死しちゃいます(笑)


花總 : 初演のエリザベートの印象が残っている方もいらっしゃると思うんです。
     そういうのって、理想化されていくじゃないですか。。。
     でも、また一から頑張っていこうと思っています。

(3代目トートとなりますが)
 (姿月・花總、二人顔を見合せながら)
姿月 : どういう風にと決めないで、自分から何が出てくるかっていうのが楽しみなので。
 (花總、大きく頷き、ずんずんと顔を見合わせる)
     この作品の一員になれるというのが、とっても嬉しいことなので。。。


・やけに、中途半端なところで終わっているインタビューでした。
 最後まで聞きたかったなぁ。

・確かに、3代目のトートっていうのもプレッシャーだけど、初演の印象が残っているふさふさのプレッシャーも相当だったのではないでしょうか。

・舞台でも、オフでも、並んだときの絵面の良さと言ったら、右に出るものはいませんね〜。

・娘1がポツリと漏らした。『なんか、みんな顔が薄い似てる』(爆)

この会見が放映されているバックで、ずんずんの『愛と死の輪舞』、ふさふさの『わたしだけに』、たかちゃんの『夜のボート』がずっと流れていました。
舞台での感情のこもったそれぞれの曲は勿論ですが、このバックに流れていた3曲が、何とも言えず心地よく耳に残りました。
ずんずんの語りかけるような歌い方での『愛と死の輪舞』は、また違った味わいがあり、とても素敵でした。
これは、主題歌集のCDの中に入っているのかな?
是非、じっくり聞いてみたいと思いました。

懇親会の模様でこうなので、次回のエリザベートの対談は本当に楽しみです。
著作権の都合で、お稽古場風景はないだろうけれど。
見逃せませんよ〜!皆さん!




posted by ayu at 15:09| Comment(0) | スターの小部屋レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。