2008年06月12日

☆メールフォームへのレス


☆nori様へ

メール、有難うございました。
本当に、本当に、レスが遅くなってしまって、ごめんなさいm(_ _)m

香港公演特集をリアルタイムにご覧になってらっしゃったのですね。
羨ましい限りです♪

しばらくヅカ離れしていて、ズンハナ熱が再燃したところもご一緒で。。。
タカハナは、もう、演じる役どころはないというほど満足出来ましたので(^^;)
もうちょっと見たかった、というズンハナ熱はとどまるところを知りません(笑)

>「この思いをどうすればいいんんだー!」と
>思っていたら、この素敵サイトに辿り着きました。

こう言っていただけて、本望です!
私も、自分のズンハナ熱をどうすることも出来なくて、ヅカ仲間とも話せないし、だったら、ブログを書いちゃえ!と始めたブログでしたので。。。
素敵サイト。。。ではないと思いますが(笑)これからもどうぞ宜しくお願いいたします。
色々nori様の想いを呟いてくださいませ。

>スタ小部、組本、公演におけるズンハナのラブっぷりの着眼点

思わず、過去ログを読み返してしまいましたよ!
ズンハナは、特にオフが程よい距離感だったため、余計に舞台上でのラブっぷり度が上昇するんですよね。
スタ小部も、組本も、何度読んでもニヤけてきてしまいますし。
本当に夢を見させてくれるコンビだったと思います。

>私もハナちゃんファンなので現状をもどかしく感じます。

たぶん、今、全国のハナちゃんファン(大袈裟ですが(^^;))は同じ気持ちなような気がします。
本当にこればっかりは。。。ご本人のことですからね。。。

最近考えることは。。。
例えば、ずんちゃんも、たかちゃんも、宝塚の雰囲気を残しつつ(それがいいか悪いかは別として)色々なことにチャレンジして、私たちを楽しませてくれていますよね。
それが、ハナちゃんだったら。。。と考えてみるんですけど、どうしても、リアル男性とお芝居をするというイメージがわかないんですよね。
ある時期、ネット上でハナちゃんは、宝塚の世界でしか生きていけない!と言われていましたが、役者としてのハナちゃんは外の舞台で立派に通用するし、言葉は悪いですが、この秋から始まる東宝エリザベートはハナちゃんで観たかったと心底思っていたりします。
でも、正直言って、リアルな男性とお芝居で向き合って。。。というところが想像出来ないんですよね。
去年のたかコンで、男性と手を繋いでいるハナちゃんを見て「キャー」と騒いでいたりしたんですが、実のところどうなの、と自問自答しています。
ヅカファンあるまじき心根ですが(苦笑)
でも。。。お会いしたいですね〜。舞台上で。
願いはいつか叶うと信じて、頑張りましょう(笑)


これからも、どうぞ宜しくお願いします!




posted by ayu at 17:52| Comment(0) | メールフォームへのレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★WEB拍手レス(4/14)


皆さんにいただくWEB拍手、とても励みになっています。
ありがとうございます♪

あぁ。今は、6月。
4月にいただいた拍手コメントを、放置プレイしておりました。
まだ、ご覧になっていただいているとよいのですが。。。


★4/14 23:45、23:47 n.k様

ハナフサさん至上主義同盟を結んでいただき(勝手に結ばせていただきました・笑)、
嬉しく思っております。。。

私は、ハナフサさんのお茶会に2度ほど出席したことがあるのですが、間近で拝見すると
本当に直接目を見るなんてこと許されないのではないか。。。と思うほどの美しさでした。
あの、透き通るような、透明感のある美しさが、なぜ、歌劇とかグラフに表現されないのだ!と
なんど地団駄踏んだことでしょう(爆)

なんでも、聞くところによると、たかこさんの後ろに黒服(!)で佇んでいるハナフサさんは
現役時代をも超えるほどの可愛さだとか。
なんとも摩訶不思議なお方でありますね♪

スタ小部も、来週16日には激情編が放送されます!こちらもお見逃しなく!!!
激情のあんなシーンとか、こんなシーンとか、お稽古場風景を見ただけで悶死しそうですね!

楽しんでいただけてますでしょうか?
あまりにも自己満足のブログなので、ちょっと心配なのですが(苦笑)

>もちろんどの方とも好きです。

私もです♪
不思議なもので、イチロさん、ゆきちゃんはともかく、ずんちゃん、たかちゃんには、花ちゃん以外の誰とも組んで欲しくないのだけれど、花ちゃんは、歴代の組んだ方々全てとお似合い(*^_^*)と満足しちゃうんです。
微妙な女心なのでしょうか(笑)
ブログの向こうから「これだから、花總ファンは。。。」という多くの方のお言葉が聞こえてきそうですが。。。
でも、花ちゃんが、花ちゃんらしく、女帝っぷりを発揮していたのは、やはりずんちゃんと組んだ時かなぁ。
だから、ずんはなが一番好きなのかもしれません。
女帝・花總まり。いつか復帰してくれることを切に願っています!


また、遊びにいらしてください。


posted by ayu at 15:48| Comment(0) | WEB拍手レス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。