2012年09月18日

月刊ミュージカル。


まず、はじめに。
昨日の記事、読み返してみて、ちょっと個人攻撃に走りすぎたかな〜と思っていました。
だから記事の削除をしようかとも考えましたが・・・
でも、やっぱり残しておこうと思います。
私の率直な意見なので。

宝塚時代の「会」というコミュニケーションがなくなってしまった今、
結構ブログって、重要なコミュニケーションツールになってますよね。
だから、すごくうれしいんだけれども。
それが後々負担にならなければなぁ〜と思うのです。
面と向かっておしゃべりしていれば、
ツッコミも入れられるけれど、
言葉なら軽いことでも、文章として残っちゃうと、結構重い・・・
そんなコメントのような気がするんですよね。
質問にも答えているから、きちんと目を通しているんだと思うので、なおさら・・・
ヅカ時代のずんちゃんのようにならなければいいな〜と
老婆心ながら願う次第であります(笑)

で、最新記事にもあった、
月刊ミュージカル9、10月号。

『エリザベート スペシャル ガラ・コンサート』姿月あさと&彩輝なお&春野寿美礼&花總まり&大鳥れい&白羽ゆり/制作発表
対談記事だそうで。
ミュージカル 2012年9月・10月号 [雑誌] / ミュージカル出版社 (刊)

とってもとっても読みたかったけれども、
この雑誌、なかなか手に入りませんね〜。
何軒か電話で確認し、昨日ようやくわが手に。
 
まだ、ざっと読みですが、
それぞれエリザベートに深い思いを持っているようです。
対談記事の写真では、一路さんや小池先生が抜け、
ずんはな並びが見られます。
あと、発言順は学年順なので、おさはなの活字並び(笑)
残念ながら、記事の中では、お互いの口から姿月さん、花總さんという
言葉は聞かれませんでしたので、
ずんはなファンの萌ポイントは低いかと思いますが、
でも、ずんちゃん・はなちゃんのエリザベートに対する気持ちは凄く伝わってきました。
 
やっぱりずんちゃんは、雪組の舞台稽古を見たときの感動と衝撃が忘れられないようで・・・
それで、はなちゃんファンになったんだしね。

もし、記事を読まれたい方がいらしたら、メッセからどうぞ〜。
なんとかします♪

そうそう・・・

来年の3月。
永遠物語に出演されるそうで。
しかも、バウ限定?
見られないじゃないか〜〜〜!

永遠物語といえば、私はTCAで、のんちゃんと演じた永遠物語を思い出します。
あれは、TCA史上3本の指に入る演目で。(私の中で)
残り2つは、
一路さんとの心中・恋の大和路(TCAとは思えない熱演)
あまみんとのシェルブールの番傘(美男美女でしたね)

きっと、吉岡夫人なんだろうけれど、
年齢を重ねたはなちゃんの吉岡夫人・・・み、み、観たい・・・
でも、その時期、バウにはいけない・・・
東京でもやってくれないかな〜〜〜!願えば叶うかな。


posted by ayu at 16:25| Comment(0) | ずんはな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気になる二人。

いや〜〜〜。

どうしても気になって仕方がありません。
触れていいものか、どうか・・・
本当は、触れてはいけないのかもしれません。

炎上が目に見えています。
だけど、どうしても、つっこみたい!!!!!
気になる、二人。
 
 
 
 

 続きを読む
posted by ayu at 15:05| Comment(2) | ふさ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする