2012年11月21日

終わっちゃいました。

終わっちゃった。
終わっちゃいました。
ガラコン@東京公演。

出演者の皆さん、
観客の皆さん、
今回舞台を見ることの出来なかった皆さん、
全ての皆さん、お疲れ様でした。

お祭りが終わった後って・・・物悲しいですね〜。
とはいえ、ワタクシ、本日ずんこ閣下の花シシィへの愛を再確認してまいりました。

はい。
今日のドリームバージョンは、
【1幕】
さえちゃん→おさちゃん
みどりちゃん→ふさふさ
【2幕】
シメさん→ずんずん
ふさふさ→となみちゃん
でした。

1幕が終わったあと、溜息ばかり。。。
ずんはなorおさはなの『私が踊る時』も、
ずんはなの『愛のテーマ』も、はいっ消えた!!!状態。
予想通りとすれば、全く接触なく終わるであろう大阪ドリームの行く末を考えてみたり。
(大阪の皆さん、ごめんなさい)

シメさんとふさふさの『私が踊る時』。
トートなみに「ちが〜〜〜〜〜〜〜〜〜う」と(心の中で)叫んでみた。
シメさんには、となみちゃんがお似合いだと思いました。
(古きよき昭和のかほり)

ずんこむの『闇が広がる』。
ビジュアルも最高で、今日イチかな。

わたるくん、今日も頑張ってました。
わたるくんの頑張りに、熱いものが込み上げてきまして。

そして、そして。
ずんとなの『愛のテーマ』。
ここで、ワタクシ不覚にも涙しました。
ずんずんが、となみちゃんに親指キスしなかったから(号泣)

ずんずん、どんだけ花シシィへの愛が深いんだろうか。
だって、コンビで出ているおさちゃんでさえ、
全員に平等にキスしてたのに。
ずんずんだけ、花シシィへの親指キスだけ。
しかも、まぁ、花シシィ以外のエリザベートと絡むときのテンションの低いこと、低いこと。
力をセーブしているというか、なんというか。。。

これ、幕間に他のお姉さま方も噂していたので、
私だけの勘違いではないと思うのであります。

正直に言えば、
役者としてどうなの、ずんちゃん、と思わないことはないけれど
でも、それだけ花シシィが特別なんだな〜
前回のガラコンは、花ちゃんが出ていなかったから
比較対象がいないのでわからなかったけれど
今回、花シシィが出たことによって、
ずんちゃんの深い深い愛情が白日の下に晒されました。。。
きっと、宙組のエリザベートは、ずんずんにとって特別なものだったんだろうな〜
ずんずんは、ふさふさじゃないと駄目なんだな〜
そんなことを思いながら、
となみちゃんと昇天していくずんずんを見つめていました。

ずんはなファンで、本当によかった。
ドリームバージョンは、全然ドリームじゃなかったけど(笑)
ずんずんの深い愛情、
その愛情を一身に受けながらも、
ツンデレを貫き通すふさふさに萌えました。

でも、出来る事ならば、ずんはな二人の絡みで萌えたかったよぉぉぉぉぉ。

取り急ぎ、第一報です。
ずんはなメイトの皆さん、こんなご報告で申し訳ない。。。

また、後ほど詳細ご報告いたしまする。

今日のお客様@私が気が付いた人のみ。
のるさんと、
AKBの秋元才加ちゃん。(←お顔がちっちゃくってめちゃくちゃお人形さんのようでした。)











この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。