2012年12月02日

ずんはな@11.29感想@

11.29 ずんはな祭りから数日経って、
すっかり日常生活に戻っているのですが、
ふっとした時にずんはなの舞台を思い出して、
ふっとにやけてしまう、私です。
おはようございます。

あの日の記憶で、あと、10年はいける。そう思っている今日この頃です(笑)

最近思うんです。
ずっと、ずんずんがふさふさ以外のシシィのとき、テンション低い・・・と言い続けていましたが、
それは、私の心が閉ざされているからではないか・・・と。
たぶん、これが正解だと思います。
ただ、テンションが低いということではなく、演技面ではやっぱりふさふさシシィと他のシシィとでは違うような気がします。
それって、実はふさふさにも言えることで・・・
いっちゃん、ゆきちゃん、シメさん、ついでに言えばたかちゃんとお芝居をしている時って、一歩引いているような、遠慮しているような、旦那様たちをたてているような、うん、やっぱ一歩引いているっていうのが正しいかな・・・。
でも、ずんずんには、本気でぶつかっていっている。
遠慮なく、ド〜ンとぶつかっていっているし、
ふさふさがそうしても、ずんずんは、それに動じず、ドーンと構えて受け入れているから、
やはり、他のシシィとのお芝居とは違うように思えるのかな。
直線型のずんずんのお芝居と、憑依型のふさふさのお芝居の相性がいいんだなと思います。
お芝居だけでなく、デュエット、声の相性もいいですよね〜。

さて。11.29ずんはな祭り。
・・・実は、第一幕の最後のダンスまで感想を書いたのに。
イケコにメールを出す、と決意したところで、無念の記事消え。
イケコの呪いか?????
いいよいいよ、何度でも書き直すから、DVD出してちょうだい。

・ずんずんのお化粧
とにかく、ずんずんのお化粧が美しかった(えっ、そこから?笑)。
うん、だってね。
東京公演、とってもビミョーなときがあったから。あれはドリームだったかな???
だから、いくらファンといえども。
一抹の不安を持っていた私。
マチネのプロローグを観て、キタ〜〜〜〜〜〜〜ッ。ずんずん、キタァ〜〜〜〜〜と絶叫。
前記事でも書いたんですが、ビジュアルは、あのレビュースペシャル99の昇天シーンとほぼ同じ。
美しかった〜〜〜〜〜。
かっこよかった〜〜〜〜〜。
ずんはなの並び、綺麗でした〜〜〜〜〜。

と、ここで時間切れ。
ごめんなさい、まだまだ続きます。









この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。