2007年05月31日

持って生まれたモノ。

クドイようだが、最近、ずんはなブームの私は、
過去の作品をよく見ています。
1996年〜1999年あたりの作品ですね。
このあたり、TCAスペシャルなんかも、抜群に面白い。

真矢みきさんは、もちろんのこと、
天海祐希さんや、一路真輝さん、麻路さきさん、
久世星佳さん、高嶺ふぶきさんたちの
三枚目振りがとても面白い。
娘役トップも、かなり面白い。

これも時代の流れなのでしょうかね。
最近のTCAは、真面目すぎて、面白くない。
このあたりに関しては、後日記事にしようと思います。

それにしても、その辺の作品を見るにつけ
1996〜1997年あたりに月組に在籍していた
路線の娘役さんたちが、可愛そうに思えてならない。それは、何故か。

やっぱり、あの当時、
ずんちゃんこと姿月さんって本当に二枚目で、かっこ良くて、
歌も上手くて、ダンスも上手くて。
西條三恵ちゃんや、あつ(芸名が出てこない)あたりは、
きっと、ずんちゃんと組みたくてしょうがなかっただろうに。
(↑断言していますが、私の勝手な思い込みです。
でも、座談会やら、対談やら見てると、
あながち間違いじゃないと思うのよね    )

風花舞ちゃんなんか、もっと悲惨。
(↑まったくもって個人的意見なのでお許しを)
聞くところによると、ユリちゃんとコンビを組みたかったらしいけれど、
ユリちゃんは、あれよあれよという間にノンちゃんを通り越して
トップになっちゃったもんだから、まず、第一の野望敗れたり。
で、ずんちゃんとも組みたかったようだけれど、
ご存知の通り、新組誕生の荒波にもまれ、
その第二の野望も敗れたり。

ま、自分が組めなくても、
月組にいる限り、絡めることもあるけれど、
あれよあれよという間に宙組トップ就任。
コンビを組むのは、『花總まり』。

花總まりちゃんに、持ってかれちゃうとは、
誰も思ってなかっただろうよ。
だってねぇ。。。
さぞかし、悔しかったでしょうよ(←本当かなぁ)

どなたか、その当時の月組娘っこの様子をお知りの方、
教えてくだる方はいませんでしょうか。

それにひきかえ、ふさふさこと、花總まりちゃんは、
なんて強運の持ち主なんでしょうね。
旦那さまたちは、揃いも揃って、いい男揃い。
これが、持って生まれたものなんでしょうか。

だからね。はなちゃん。
付き人やったり、社長やったり、時々コンサートに出たり
なんて中途半端なことやってる場合じゃないんだと思うのよ。
持って生まれたモノは、活かさなきゃ!
舞台に出てみよーよ!!!!!(←ハナファンの心の叫び)

あ〜。支離滅裂だ。


posted by ayu at 11:47| Comment(0) | ずんはな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。