2007年06月01日

観てはいけないモノ。

観てはいけないものを観てしまいました。
『真琴つばさラスト・ディ』
大階段を降りてきてからの、マミさんのご挨拶。
泣けましたね〜。
で、思った。観てはいけなかったんだなぁと。

何故か。それはね。

ずんちゃんの、組子に対する想いの一杯詰まった挨拶。
たかちゃんの、ファンに対する想いの一杯詰まった挨拶。
はなちゃんの、相手役に対する想いの一杯詰まった挨拶。

みんな、それぞれ、涙したけれど、
マミさんの、大人なソレと比べると、
とてもじゃないけど。。。(以下自粛)

今、思った。
この3人の挨拶、全部まとめて一つの文にすると、
すごい名挨拶なんじゃないの!

でも、ずんちゃんや、マミさんのラスト・ディを観て思いました。
やはり、次期主演男役が同じ舞台上にいないのは辛いな、と。
過去、そんな事態はあったのだろうか?

ずんちゃんが、最後のご挨拶で、はなちゃん、たかちゃんの顔を見つめ
涙ぐみながら、『これからも宙組をよろしくお願いいたします』と言ったり、
マミさんが、『紫吹淳率いる月組をよろしく』と言うことで、
きちんと、現主演男役→新主演男役に引継ぎがされている。

でも、たかちゃんの場合は、それがまったくなかったから、
宙組ファンは、淋しかったな。
たとえ、かしちゃんがいなくても、言えばいいんだよ、という
ご意見を頂戴すると思うけど、
でも、やっぱり、違うよね。

退団当時は、そうでもなかったけど、
退団して暫くして、改めて映像を見ると、本当に淋しく思う。

宙組創設から観てきているから、
ずんちゃん、たかちゃん、はなちゃんの
ファンであると同時に、
宙組のファンでもあるのだから。


posted by ayu at 11:02| Comment(0) | 宙組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。