2007年09月16日

バロンの末裔


バロンの末裔(1996年12月)

基本的に正塚芝居は好きなので、このお芝居も好きな方です。でも、大筋的には宙組の『ホテルステラマリス』と同じ。
山の石炭が、海の生き物(名前を忘れちゃった)になってるだけって感じ。
でも、主人公の生き方が違うんだな。
それにしても。。。久世さんを二役にする意味ってあったんだろうか。別に普通に兄弟でも良かったような気がするけどね。。。

オープニングで『I Wish』を歌うウィリアム@ずんずん。
歌いながら、ダンスするんですが、かっこよすぎ。
キレのあるダンスでぐいぐいと引っ張っていくずんずん。

既にここから、ウィリアム@ずんずんに惹き込まれていきます。
月組時代のお芝居の中では、このウィリアムが1番好きかな。
芸達者の未沙のえるさんと一緒のシーンが多いことも、良かったのかもしれません。とても、見応えのある場面が多かった。
しかも、ずんずんのスーツ姿がまた、かっこ良くってね。。。

もうひとつの萌え〜〜〜〜〜ポイントは、秘書役のブリンクリー@嘉月さんといつも一緒に行動しているからね、ウィリアムとブリンクリーってもしかしてそっち系?なんて想像できちゃうところ(笑)
下手に娘役さんと組んでいないので、ちょっと嬉しいんです(←大バカもの)

お芝居の終盤のボールトン家での久世さん、マミちゃん、ずんずんのやりとりが秀逸。(厳密に言うと、ここに嘉月さんもいるけど)
ウィリアム@ずんずんは、正義感の強い人間だと思うけれど、正義を貫き通すがゆえの惨めさ、哀れさが感じられるずんずんの演技だった。
月組時代の演技に関しては、イマイチ感のあるずんずんだったけれど、このウィリアムの役は大好きでした。








posted by ayu at 22:26| Comment(2) | 作品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ayu様☆ホントにバロンの末裔でのズンちゃんの銀行の頭取の役はカッコいいですね(^^♪

スーツで素敵に決めるお芝居を〜宙組で〜ズンハナで見たかったです(>_<)
Posted by mimy at 2007年09月19日 12:42
いつもコメントありがとうございます。
励みになってるんですよ〜。

バロンの末裔は、好きでしたね。。。
なんか、巷で二世はこれだから、なんて言われている今日この頃、
こんな二世もいるんだよと(笑)

FAKE LOVEのアルバートも好きでしたけどね〜。

宙組時代のお芝居があまりに片寄りすぎているのでね。
宙組時代にバウとかで1作品くらいあってもよかったな〜と。
本当に、スーツもののずんはな、見たかったですね!
Posted by mimyさまへ♪ at 2007年09月20日 06:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。