2008年02月12日

王家に捧ぐ歌@宙組創設期版

WEB拍手でいただいたのですが、今回のお題は『王家に捧ぐ歌』。
これが、もう、悶々と妄想し続けてしまいました。
楽しかった〜♪

主要人物は、以下の通り。
今回は、ちょっと自信アリです(何に対して?笑)

【ラダメス@ずんずん】

これは、もうね。
猛々しく、情熱を持ったラダメス像が浮かんできます。
ずんずんも、わたるくん同様、お衣裳に負けることないだろうし、
アイーダに対する一直線な愛も、お手のものでしょう。。。
激しく見たい(日本語になっていない。許してください)

【アイーダ@ふさふさ】

ふさふさの黒塗り大好き人間としては、このキャスティングはOK。
OKなんですが。。。
実は、ワタクシ、アイーダにはいい印象を持っていないのです。
どちらかというと、アムネリスの行動の方が理解出来る。
たんなるワガママな王女様から、父が暗殺されてから国を背負って立ち、
国を守ろうとする王女になったラストなど、すごくわかりやすいキャラでした。
一方、アイーダはというと。。。
平和、平和と言うけれど、そもそもアイーダが情報を洩らさなければ、
ファラオは暗殺されなかったんじゃぁ?とか、いろいろな不満が出てきてね。。。
舞台を観たときは、『誇り高い王女』というイメージがまるで湧かなかったから
アイーダには共感出来なかったんですよね。。。
『誇り高い王女』というからには、アムネリスにイジメられようが、
女官にイジメられようが、ヨヨヨ・・・と泣いたり、よろめくばかりではなく、
毅然とした態度をとってもらわねばいけないのよ。
こんな意見は、少数派なんだと思いますが。

そんなことを考えていくうちに、ふさふさ、ぴったんこじゃんと(笑)
ヨヨヨとよろめくような演出は変更して貰わなければいけませんが。
それとも、そんなふさふさも見てみたいですか?(誰に聞いてんだか)
(まるで鳳凰伝のトゥーランドットみたいだという声は、無視します!)

【アムネリス@コムちゃん】

番手で行くと、ここは、たかちゃん?なんだけれども、だ。
たかちゃんのアムネリスは、とてもとても想像出来ないので、
コムちゃんに頑張ってもらいましょー。
あっこちゃんという手もあるのですが。。。いかがなものか?
で、1日だけ、ふさふさと役替わりしてもらいます。
何故かというと、ふさふさのアムネリスが見たいから(笑)
でも、何日もやると、ちょっと妬けちゃうので(爆)
一日だけの役替わりです。

【ウバルド@たかちゃん】

嵐が丘を彷彿とさせる、ウバルド@たかちゃん。
祖国のために一直線という感じは、嵌ると思うんですよね〜。
どちらかというと、アイーダより、その行動に一貫性があって、感情移入しやすい人物でした。

【カマンテ@わたるくん】

役不足な感が否めませんが。。。ごめんなさい。役がないのよね。
ここはひとつ、たかちゃんと一緒に黒塗りになって、いっちゃってもらいましょう。
ウバルド@たかちゃんと、カマンテ@わたるくん、サウフェ@すっしーの幕開きなんて、
妄想しただけで、ゾクゾクします。

宙組のジャンボちゃんたちのコスプレもかっこいいだろうなぁ。
宙組の可愛い子ちゃんたちのすごツヨ音頭も聞きたいなぁ。

どんどん、妄想が膨らんでいくお題でした♪


posted by ayu at 17:47| Comment(0) | 妄想公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

ミーマイ@宙創設期編

ミーマイに関して、mimyさまからコメントをいただき、
Web 拍手からもコメントをいただいたので
今日は、ミーマイ祭り@宙組創設期メンバー限定の配役を考えてみました。
でも、宙組創設期メンバーのことをあれこれ考えるのは
本当に楽しいんですよ。

まずは、その前に月組配役の雑感から。。。
ゆうひさんの異動には吃驚しました。(遅すぎっ!!!)

で、ビル&サリーは、ともかく、
キリヤンのジョン卿、あひちゃんのジェラルド。
番手を無視して言えば、私、この逆の配役も観てみたいんです♪
キリヤンのおじ様っぷりは、花組で実証済みだし、
ならが、弾けているきりやんが観たい。
あひちゃんの渋〜いおじ様っぷりが観たい。
ジャッキーは。。。ジャッキーって、男役がやって面白い役なような気がする。。。
(マミさんの印象が強いからでしょうか)
城咲あいちゃんは、想像がついちゃうなぁ。
いっそのこと、たきちゃんっていうのはどう?
マリア役は、思いつきません。
まったくもってして、想像力が働きません。スミマセン。

で、お次。
ミーマイ祭り@宙組創設期メンバー限定版

★ビル/姿月あさと
 かっこかわいい!?ビルになるんじゃないかな。
 イメージとしてボリスっぽい感じ。
 ずんずんって、どんな役をやっても、育ちの良さが見え隠れするので
 ビルにぴったり!

★サリー/花總まり
 これは、もうね。
 エリザベートや、ナタ公を観ちゃってるから。予定調和です。
 でも、愛するビルを想い、身を引くふさふさ@サリー、なんて
 ものすごく観てみたいぞ!

★ジョン卿/寿つかさ
 もう、ジョン卿は、すっしー以外に考えられません。
 渋〜い演技&濃〜い演技を堪能したい。

★マリア/陵あきの
 あっこちゃんぐらいしか、思いつかない。。。

★ジャッキー/湖月わたる
 わたるくんのジャッキー!!!
 VIVA!!!
 すんごく観たいぞぉ〜〜〜!!!

★ジェラルド/和央ようか
 ジェラルドって、天然入ってるというか、何というか、
 かわいいじゃないですか。
 でも、どこまでいっても、言葉遣いが丁寧だったりするので
 ぼっちゃん系の極みだと思うんです。
 そんなのほほんとしたとこを、是非、たかちゃんに演じて欲しいです!

★バーチェスター/樹里咲穂
 となれば、バーチェスターは、じゅりぴょん以外考えられませんね。

考えてみたら、結構しっくりきちゃいましたね。。。私の中では。
番手一切無視です。
この人で、こんな役を最優先してみました。
こんなミーマイ、観てみたいです!


※注意※ ジャッキー@わたるくん案は、
     1/17 2:29の方より WEB 拍手よりコメントいただきました。
     有難うございました!

【追記】
 mimyさまのコメントの答えにはなっていないかも。。。と
 思っています。
 でも、なんかこれ以上、月組の配役には、突っ込めませんでした。


posted by ayu at 18:19| Comment(0) | 妄想公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

あさきゆめみし@宙組版

先日、CSの放送で、梅田芸術劇場の花組公演千秋楽を見て思った。
たもさんたちの舞台とは、全くベツモノなんですね。きっと。
あさきゆめみし『U』って、そういう意味なんですねぇ。

まず、刻の霊のまとぶんの衣装。。。以前と違うよね?
おさちゃんが演じていた刻の霊というのは、なんかこう、もうちょっと神秘的だったような。
そんなに『なんじゃこりゃ?』の存在でもなかったし。

頭の中将が須磨に流された光るの君に逢いにきたシーンはあったのか?
紫の上と明石の上の二人のやり取りはあったのか?
(上記2シーンは、たもさんのときにあったと思うけど、実際のところ、すっかり忘却の彼方なので、正確ではないかもしれません)
というか、そもそも、どのシーンから始まったのだろうか。
あさきゆめみし『U』。
映像どころか、劇団の解説ページも見ずに、感想を書くなんて演じている生徒さんたちに失礼千万この上ないので、CSで放送するまで待つことにしよう。

とはいえ。。。
おささんの『ふ〜じ〜つ〜ぼ〜の〜み〜やぁ〜〜〜』という雄叫びは、どうしたもんか。
(でも、ま、ずんホセの『カ〜ル〜メ〜ン〜〜〜』と同じと言えば同じであるが。)
(CSの放送でしか見ていないから、唐突に感じるのかもしれないし。)
そーいえば、たもさん@あさきゆめみしの時も、BSか何かで実写版として放送したよね?
あれも、かなり???なもんだったかも。。。
舞台化粧じゃない、男装と十二単とラブシーンと。。。
想像を絶するモノがあったと記憶しております。ハイ。

某所にて、朧月夜がどうのこうのと、言われておりましたが、
この朧月夜。
結構、魅力的な人なんですよね。
私は、朧月夜と朱雀帝と、光源氏の物語を、是非、ずんはな&たかで上演してほしい。

その場合の、キャスト。
これが大いに悩むところである。
本来であれば、光源氏はずんずん。
朧月夜にふさふさ。
朱雀帝は、たかちゃんなんだけど。
そーなると、まんまエリザベート。
最後、光源氏と結ばれないから結末は違うけど。

あぁ、でも。
もともと雪組にいた朱雀帝&朧月夜に横恋慕しちゃった、光源氏。
光源氏の熱意にほだされ、仲睦まじい時を過ごすものの、
やっぱり私の居場所は朱雀帝と、最後は、夫と添い遂げる。
それだと、やはり、↑の配役がベストでしょ。
それじゃ、つまんない?
でもねぇ。
ずんずんとたかちゃんの役どころを代えてしまうと、ずんずんファンの私としてはちょっと嫉妬しちゃうわけですよ。
そんなこんなで、やっぱりずんずん=光源氏、たかちゃん=朱雀帝がしっくりくるかな。

朧月夜と光源氏は、須磨から戻ってきてからも密会しているんですねぇ。
光源氏の『思い出してね〜』のお手紙に対して、『大勢いる中の一人としてなら』なんて超強気のお返事なんかしちゃったりして。

六条の御息所の生き霊&亡霊の呪いの力も届かなそうだし、
なんてったって生命力強そうな朧月夜。
線が細いようでいて、長年娘役トップとして君臨したふさふさとリンクしちゃうこの設定。
いいんじゃないですか?
その他の配役を、どうしようか。。。

ん〜と。。。
とりあえず、濃厚な三人芝居希望です。

 どーしても、宙組で芝居するのなら。
  光源氏・・・・・・ずんずん
  朧月夜・・・・・・ふさふさ
  朱雀帝・・・・・・たかちゃん
  頭の中将・・・・・わたるくん?(誰に聞いてんだか)
  紫の上(幼年期)・ ありすちゃん
  弘徽殿女御・・・・たきちゃん
  六条の御息所・・・ぽっぽさん


『紫の上@ありすちゃんを自分好みにするのかぁ、ずんずん』と妄想したところで、嫉妬心が芽生えた私はかなりの末期症状です(笑)
しっかし、妄想って、なんて楽しいんだ!!!

追伸:ずんずんとたかちゃんは、役代わりすることに決めました(爆)




posted by ayu at 16:32| Comment(8) | 妄想公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

タンゴアルゼンチーノ(花組)

思えば、1999年は、ムラ&1000Day's劇場に通いまくった1年でした。
『激情』、『螺旋のオルフェ』、『タンゴアルゼンチーノ』。

普段、どちらかと言えば、ショーが好きな私ですが、
この年のラインナップは違った。
お芝居がとにかく良かったんですね。
通いまくりましたよ。ホントに。
当時、当日券も買いやすかったし、
ちょっと有楽町へ出かけてみようかな。。。なんてお昼前にふらっと
観劇に来てたりしました。
お昼ぐらいに劇場について、9列目なんてチケットが買えたりして。

それはさておき、昨日、CSでタンゴアルゼンチーノを観て。
この公演、当時の宙組で公演したら。。。なんて妄想してしまいました。
実はその妄想、こちらのサイトから頂いたものなんですがね。。。
今考えると、本当に嵌るんですよね。

ずんずんのフリオ。
あの、ガウチョのコスチュームを着てのオープング。
想像しただけで、ヨダレもの。

ふさふさのマルグリット。
こちらはもう、お手のものだろうし。
(『白昼の稲妻』の時のように、未亡人が令嬢に代わっていたりするのはなしでね。)

たかちゃんカール。
軍服も似合うだろうし、ずんずんフリオとふさふさマルグリットの関係に悩むたかちゃんカール。
素晴らしい三角関係の出来上がりですよ!

しかも、後半には、ずんずんとたかちゃんのタンゴも見られるんです。
マジで観たい!!!

わたるくんには、ふさふさマルグリットのやんちゃな弟ジャン。
あっこちゃんには、ミシアをお願いしてね。
幽霊船メンバーが、花組よりちょっと弱いかなと思うんだけど、
その辺は、樹里ちゃん、ねったん、はっちゃん、に頑張ってもらってね。
ルネは、美羽あさひちゃんで。(密かに応援してるのよ〜、めげずに頑張れ!)

で、幕開きの「エル、タンゴ、アルゼンチーノ〜〜〜♪」は、
是非、ずんたかでお願いします。
それを実現するには、超・超・超・早替わりをしなくてはいけませんが@ずんずん。

ルネ役のあさひちゃん以外、全員OGだもんねぇ。
OG公演しちゃいますか、歌劇団様。。。

花組版(版って、花組だから・笑)タンゴアルゼンチーノの幕開きの
「エル、タンゴ、アルゼンチーノ〜〜〜♪」は、知る人ぞ知る春野さん&水さんのデュエット。
綺麗にハモッてるんですよね。このお二人。
私は、コレで、水さんに惚れました。
その後、宙組に組替で来てくれたときには、本当に嬉しかったんです。
さわやか一辺倒の宙組にきっと新風を巻き起こしてくれるに違いない!と。
予想に違わず『望郷は海を越えて』の剣にkissの名場面を作ってくれましたしね。

妄想公演シリーズ。。。続くか、どうかわかりませんが、カテゴリー作ってみました(笑)



posted by ayu at 08:48| Comment(0) | 妄想公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。