2008年02月16日

オヨヨヨヨ〜ン by マリコさん。

こだわりアラカルト『SP1』


かねてより所望していた、オヨヨヨヨ〜ンの銀橋渡り。
観ましたよん。
衝撃的でした。。。(爆)
今回のスペシャルは、『銀橋』『ラブシーン』『エトワール』。
その中から、銀橋とラブシーンで、印象に残った場面を抜粋してみました。

『銀橋』

・仮面のロマネスク
ご存じユキちゃんと、ふさふさのピーンと張り詰めた空気。
ユキちゃんの男の色気 VS ふさふさの高飛車っぷりがたまりませんね。
  
・レ・シェルバン
レ・シェルバンからは、ラテンメドレーのクンバチェロ。
とうこちゃんの発音にクラクラ、その後の男役陣のお衣装にクラクラしながら観てました。
あのお衣装はどうかと思うよね〜

・宝塚レビュー'90
マリコさんの伝説の『オヨヨヨヨ〜ン』。
一度観てみたいと思っていた『オヨヨヨヨ〜ン』。
ききしにまさる銀橋渡りでした。強烈でした。。。
でも。
あれで、あんなに格好良く銀橋を渡れるマリコさんは、やっぱり凄い。
ちなみに、マリコさんもさることながら、その両隣の娘役さん2人のお衣装もすごっ!

・忠臣蔵
華やかな銀橋もいいけれど、こんな銀橋も宝塚ならでは。
かりんちょさんの退団公演だということと、
最後の「もはやこれで、思い残すことはござらん」という台詞で、何度観ても泣けてきます。
ちなみに、私は、この公演を生で観たんです。
あの時、宝塚に嵌っていれば、もっと楽しかったに違いないと悔やまれます。

・ファントム
いつ観ても、いい場面です。
宙と花では、こんなに違うものだったんですね<演出。
花は、開始数分で断念してしまっているので、今度、また放送があれば観てみたいと思います。


『ラブシーン』  

・ジャワの踊り子
ラブシーン長っ!

・ダル・レークの恋
いや〜。
マリコさんが色っぽい。
ユリちゃんも色っぽい。
マリコさんなんか、とても『オヨヨヨヨ〜ン』といって銀橋を渡っていた人と同一人物とは思えない。
ユリちゃんの透けるお衣装からチラ見出来るおみ足が色っぽい。
大人のラブシーンって感じです。
あの「お代官さま〜あれ〜〜〜」の時の布の使い方って難しいらしいですね。

・仮面のロマネスク
再び登場のユキちゃん。
今回は、ユリちゃんとのラブシーンです。
ユキちゃん、エロいですね〜。男の色気ムンムンです。
ラブシーンって、下手するとナマナマしくなってしまうけれど、ユリちゃんは、その辺のバランスがいい感じですよね。
あまりイヤらしくなく、『しっとり』という感じに持っていけるところは、ユリちゃんの凄いところだなぁと思います。
本当に、本当に余談ですが、ユリちゃんは、旦那と出身地が同じでして。
ま、本当にどうでもいいことなんですがね(苦笑)

・激情
我らが、ずんはなの伝説のラブシーン。
私が、一番驚いたことは、雪・星・宙で一番人気だったということ。
ジェンヌさんたちの中でも人気が高かったんだ〜と、今更ながら実感。本当に意外でした。
当時から『ダル・レークを越えたラブシーン』という評判ではありましたが。
このラブシーンは、ずんずん&ふさふさだから出来たラブシーンと言っても過言ではないと思う。
この二人からは『生々しさ』が感じられないから。
(個人的には、このシーンもそうなんですが、縄で銀橋を渡るシーンも最高なんだけど。ふさふさの縄を足で挟んで踊るシーンなんか、二人のラブシーンより色っぽいし)

ダル・レークが『駆け引きのラブシーン』だとすれば、激情は、『直情型のラブシーン』。
恋の駆け引きなんて関係無い、私は、ホセが、カルメンが大好きなのよ〜〜〜〜〜!という一途さが堪らない。
いつ見ても、何度みても、大好きなシーンです。




posted by ayu at 09:51| Comment(0) | スカイステージレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする